勃起障害の克服に役立つ強壮剤とバイアグラ等の新薬

強壮剤と勃起障害の新薬は基本的に別物です。
同じ男性機能の対策用として用いられるため、しばしば混同されます。
強壮剤とは、男性ホルモンを主原料とした製品です。
サプリメントのように飲み込むタイプと、肌に塗りこむタイプが主に存在しており、男性自身が利用しやすい物を選択すればOKでしょう。

男性ホルモンの値は、年齢を積み重ねる事で徐々に減っていきます。
個人差はありますが、30代から40代の頃より男性ホルモン値は減少し、その影響によって性欲が落ち込み始めます。
いわゆる若者時代のように、ガツガツとしたセックスへの欲求が減るのは、そのためです。

ただ、40代以降も妻や恋人と性行為を満喫したいと考える男性も多く、その対策として強壮剤が一般的に用いられています。
男性ホルモンを言わば外部から補給する事で、老化による下半身の衰退に歯止めをかけられます。
強壮剤の中には東洋医学の知識に基づいた漢方系の商品もあり、オーガニックな形で勃起障害の克服が目指せます。

一方でストレス性の勃起障害に苦しんでいる方は、新薬のバイアグラやシアリスを試してた方が効果的です。
ストレス性の勃起障害の場合、性欲自体は健康的であり、男性ホルモン値もそれ程、減っていない可能性があります。

性欲があるにも関わらず勃起障害が性交時に現れる、そんな男性陣には年齢に関わらず新薬のバイアグラやシアリスが推奨されます。
高齢者向けのイメージが強いそれらの医薬品ですが、近年では若者世代も普通に服用しており、中折れやストレス性勃起障害によるセックスレスの解消に役立っています。

バイアグラやシアリスは勃起障害を短時間で治癒出来る新薬であり、
服用後、安定した持久力と即効性が期待出来ますので、男性機能の問題からセックスレスの発生や男性不妊の問題を抱えているカップルは、早めに利用を検討すべきでしょう。