このサイトについて

がん保険とは、がんのみの治療に対して保障する医療保険をさします。
現在、日本人の死因のトップはがんで、死亡者の約3割ががんとなっています。
日本だけががんによる死亡者が多いのではなく、世界の死亡者の13%が、がんによるものとなっています。
がん保険は、がん患者とその家族にかかってくる医療費の負担を軽くして、治療費の心配なく治療に専念することができるようにサポートします。

がん保険は、日本国内では、1974年に米国のアメリカンファミリー生命保険会社ががん保険のサービスを初めて開始しました。

当時、日本の会社はがん保険の扱いを禁止されていたため、がん保険は長いこと、アフラックをはじめ外資系保険会社が販売を続けてきました。
しかし、2001年、国内の会社ががん保険分野へ参入することが許され、以降は、外資系と日本の保険会社がそれぞれ特徴を出しながら、数多くのがん保険を販売しています。

日本では、保険加入が義務づけられており、がん治療の多くは健康保険適用となっています。しかし、がん治療は長期にわたり、治療費も高額であるため、医療保険で3割負担となっても、自己負担は高額となります。
また、現在は、医療保険では通院時の交通費や入院中の差額ベッド代、休職や失業が原因の収入減の保障はしてもらえません。
がん保険は、医療保険ではカバーしきれない治療費のサポート、その他治療にかかわる費用を補うためのものとなっています。


がん保険にはどのような給付金があるか

・がん診断給付金
がんと診断されたときに受け取れる給付金のことです。がん入院給付金日額の20倍から100倍の金額が一時金として支払われます。

・がん入院給付金
がん治療のために入院した場合に受け取れる給付金のことです。1日当たりの給付金額が決まっており、入院1日目から保障が受けられます。なお、支払いの日数・回数に制限がないことが特徴となっています。

・がん手術給付金
がん治療のために所定の手術を受けた時に支給される給付金のことで、何回でも受け取れることが特徴となっています。

・がん通院給付金
がん治療のために通院をした場合に受け取れる給付金のことです。
入院した後の通院時のみに給付する場合と通院だけで給付を受けられる場合があります。

・がん死亡給付金
万が一、がんで死亡した場合、支給されます。

・先進医療給付金
「重粒子線治療」や「陽子線治療」など先進医療による治療を受けた場合に受け取れる給付金です。受け取れる合計金額は1,000万円などと上限が設けられていますが、月々100円を上乗せするだけで給付が受けられます。

その他、がんで入院し、その後退院した場合に支給されるがん退院給付金、在宅療養の場合に支給されるがん在宅療養給付金など、さまざまな保障があります。


当サイトについて

がん保険は、がん患者、がん死亡者が増加していることもあり、その必要性が高まってきています。また、がんになった場合、長期療養が必要となり、高額な治療費が必要となります。がん保険は、治療費をカバーし、費用に心配をせずに安心して治療に専念できるようサポートします。近年は、日帰り入院や通院による治療を保障する商品も数多く販売されています。当サイトでは、がん保険のおすすめ商品を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめのがん保険
1位 アメリカンホーム・ダイレクト
安価な保険料で万が一に備えることができます。がん治療の基本保障にそれぞれのニーズに合わせたオプション付加できることが特徴となっています。がん手術保険金、がん退院療養一時金、がん通院療養保険金などを付帯することで手厚い保障が受けられます。

2位 アフラック
がん保険のシェア率がNo.1となっている終身型のがん保険です。手術、放射線、抗がん剤治療については、日数制限なしで保障しています。
給付金額や保障内容が異なる3つのプランを設けており、その中から希望のプランを選べます。特に「がん先進医療特約」が付帯できることが人気の秘密となっています。

3位 チューリッヒ生命
チューリッヒ生命は、一生涯同じ保険料でがん治療の保障が受けられる終身型のがん保険です。がんと診断された場合、回数・日数制限なしで保障が受けられますし、通院治療も保障しているところが特徴となっています。


比較ランキング

ランキング1位 アフラックのがん保険DAYS
アフラックのがん保険DAYS 入院だけではなく、三大治療による通院に対する保障も日数無制限となっており、通院治療が主になりやすいがん治療に備えたがん保険です。
「ライフサポート年金」「再発・長期治療給付金」という治療後や長期に渡るがん治療に備えるプランが用意されている点が特徴です。

入院給付金 日帰りから
先進医療保障
口コミ 口コミ5
ランキング2位 東京海上日動あんしん生命 「がん治療支援保険」
東京海上日動あんしん生命 「がん治療支援保険」 がん診断給付金は初めてがんと診断を受けた時だけではなく再発の場合でも回数の制限なく支給されます。※再発の場合は前回から2年以上経過している場合。
入院された場合、1日目から日数無制限で給付金が支給されます。

入院給付金 日帰りから
先進医療保障
口コミ 口コミ5
ランキング3位 三井住友海上あいおい生命 がん保険「&LIFE新がん保険α」
三井住友海上あいおい生命 がん保険「&LIFE新がん保険α」 診断時、入院、手術、死亡した時の給付金に至るまで、あらゆるがんの治療や不安をサポートします。基本プランと保障充実プランが用意されていて、保障充実プランでは退院後の生活までサポートされるため、トータルでがんとの闘いを助けるがん保険です。

入院給付金 日帰りから
先進医療保障
口コミ 口コミ5
ランキング4位 チューリッヒ生命のがん保険「My終身ガン保険
チューリッヒ生命のがん保険「My終身ガン保険 がんと診断された時の診断給付金が高く、何かとお金のかかるがん治療への備えをしっかりとできます。
一生涯保障が続き、さらに保険料も手軽です。
がんによる入院時の保障は日数の制限が無制限。もちろん先進医療を受けた場合の技術料も保障対象です。

入院給付金 日帰りから
先進医療保障
口コミ 口コミ5
ランキング5位 「アメリカンホームダイレクト」のがん保険
「アメリカンホームダイレクト」のがん保険 過去がんになったり既往歴がある場合でも告知内容によっては入れるがん保険です。健康に不安のある方で加入できる保険を探している方におすすめ。
保険期間開始後に診断を受けたがんと、再発や悪化したがんが補償対象となります。終身型ですから一生涯の補償を手に入れられます。

入院給付金 日帰りから
先進医療保障
口コミ 口コミ5

おすすめのがん保険・徹底検証!

がん保険選びのポイント

取扱い保険会社
あいおいニッセイ興和損保 アイペット損害保険会社
朝日火災 エイチ・エス損害保険会社
ジェイアイ損害火災 セコム損保
ソニー生命 ソニー損保
そんぽ24 損保ジャパン
東京海上日動 東京海上日動あんしん生命
日本アニマル倶楽部 日本興和損保
日本生命 フコク生命
Aflac
三井住友海上 三井住友海上あいおい生命
American home direct
DIY生命 ManulifeNKSJ
ひまわり生命 Prudential
(50音順)